« 無駄に落ち込まない | トップページ | ナスDの天空のヒマラヤ部族~を見て元気が出てきた »

2021年1月21日 (木)

石川佳純さん優勝で涙した

先日、卓球の全日本選手権がありました。

女子のシングルス決勝は伊藤みま選手と石川佳純選手。正直二人ともオリンピック代表選手なのですが、正直伊藤選手の方が実力は上と私は見ています。(石川選手も自分がチャレンジャーと言っていました)

女子は才能のある若いスター選手がどんどん出てきます。その筆頭が伊藤選手なのですが、石川選手は27歳。全日本では5年間も優勝していません。時代は終わった感がありました。

そんな彼女が伊藤選手の猛攻撃をしのいで守って緩急つけて、最終セット9対5で勝っていたんですね。そしたら急に緊張してプレーが固くなって、9対9に追いつかれ、伊藤選手は勢いを増し、石川選手の顔はこわばり、私など「あ~やっぱりメンタルの差が出てきたな~」と、佳純ちゃん負けると思って見ていたのですが、そこから開き直ったプレーで2点先取して優勝をもぎ取りました。

佳純ちゃん見ているとどうしても福原愛ちゃんと被るんです。あの負けそうになった時の悲壮感というか、「下を向くな。まだまだガンバレ!」って応援したくなります。

佳純ちゃんが優勝インタビューで、感情が高ぶり喋れなくなったとき、思わず私ももらい泣きしました。

今これを書いている最中も思い出して涙が溢れてきます。

若手のスター選手がどんどん出てくるなか5年ぶりの優勝。

どんだけの思いで、どんだけの練習してきたのか。  

新年早々緊急事態宣言で気が滅入っていたとき、佳純ちゃんのプレー、そして優勝でどれだけ励まされたことか。

卓球にそんなに興味のない妻までも感動していました。

石川佳純選手優勝おめでとう。そして感動ありがとう。 

|

« 無駄に落ち込まない | トップページ | ナスDの天空のヒマラヤ部族~を見て元気が出てきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事