カテゴリー「ジロー流生きるヒント」の486件の記事

2018年9月14日 (金)

自分がしてほしいことを他人に施しなさい

笑顔で挨拶されると嬉しい。


.

たったそれだけだけど、何となく嬉しい。



.

自分が毎日しているか言うと、"(-""-)"



.

逆に毎日顔合わせているのに挨拶しない人もいる。


.

警戒されているのかな?


.

何となく気持ちはブルー。


.

ボランティアとか、いきなりハードルを上げることは難しいけど、挨拶ならできるかな。


.

たかが挨拶、されど挨拶。



.

私もなるべく実践してみよう。

|

2018年9月10日 (月)

「生きていく理由もないけど、

差し当たって死んでいく理由もない」    賢人の知恵。



.

肩の力が抜けたような言葉が、かえって気負っていた気持ちをほぐしてくれることがあります。



.

とりあえず様子見ようよ。



.

とりあえず現状維持にしとこうよ。


.

今、死んでいかなくったって、いずれ死んでいくんだから。



.

とりあえず、ご飯食べて考えよう。


.

僕なら、一杯飲んで考えよう。



.

ってね。

|

2018年9月 5日 (水)

閉塞感

 オウム真理教の林死刑囚がサリンを撒いたことを自供した後、『なぜそういうことが起きるんだろう』と、捜査官に聞かれたとき、彼は『閉塞感』と答えたと言います。



.

 日本人は、一つのコミュニティに入ると、一つのコミュニティの中で弾き出されたら生きていけないと思いがち。


.

村八分的恐怖心が根強くDNAにあるのか、会社もスポーツ界もそう、だからパワハラがなくならない。



.

『おまえ、これやらならきゃ使わないから』的パワハラはまだまだ続くと思います。


.


.オウムのようなカルト集団、だから特別ではなく、一般の企業でも学校の部活でもどこでも起こりうる話です。


.

だから息苦しい。


.

嫌々ながら偽装や不正に加担。


.

気を使ってばっかり。

.

嫌われたらどうしよう。


.

「閉塞感」


.

となるわけです。


.

人に嫌われたくない。


.

上役の命令ならやりたくないこともやってしまう。



.

そしてあとで死ぬほど後悔するのは自分。


.

苦しむのは自分。


.

上役ではない。


.

戦争もそう。


.

命令した上役は逃げの一手。



.

幕末から続いている。




.

閉塞感、突き破るぞ!

 

 

|

2018年8月29日 (水)

死ぬ前にめいわくは少しぐらいかけてもいい。介護職の

人がそんな話をしてくれました。

.


よくあるパターンが、生前嫌いだった父の世話をした。生きているうちは腹立たしいことばっかりだったけど、亡くなってからちょっとだけど介助できてよかった。

.

嫌いだった父がそうでもなくなって、死んで何年か経ったら好きぐらいになっていた。

.

反面、死の間際あまり世話ができなかったと、亡くなって何年も経つのに後悔して自分を責める人もいるそうです。

.

介護疲れや介護失職して共倒れになった家族もいます。

.

社会的支援が間に合わなかったのです。

.

少子化対策だとか、介護問題だとか、言っているのなら無駄なことに税金を使わず、そっちに予算を回せばいいのにと思うのですが、、、。

.

めいわくは少しぐらいかけてもいい。

.

と肩の力を抜いていた方が世話をする方も精神的に楽なはず。

.

ただ家族が共倒れにならない頃を見計らって死ななきゃ~ね。とじゃ思っているのですが、、。

.

こればっかりはわかりません。

|

2018年8月20日 (月)

それって承認欲求

人って承認欲求を満たそうとして生きているのかもしれません。


.

幼児は親に愛されることで承認欲求が満たされ、小学生高学年になってくると、仲間からの承認欲求。


.

大人になってくると地域社会だったり、会社だったり、社会的地位だったり、お金だったり、などなど。



.

その中でも、家族の承認欲求って大きいかもしれません。


.

お金持ちでも、権力があっても、親に承認欲求が満たされずに生きてきて、自分の家族関係も崩れていると必要以上に他でそれを満たそうとして、おかしくなっていっている人って多いような気がします。



.

ただ、「あれっ 自分って何?」と気になって、アドラー心理学なんかを読んだりして、客観的に自分を見る力がついてきたら修正できてくるのかな?


.

実力も信念もないのにそのまま承認欲求だけを満たそうとしていると、周囲を脅かす困った人になっていくような気がします。



.

芸能人があえて炎上を狙うようなツイッターじゃあるまいし、政治家が言わなくてもいいことを言って、わざわざ人を傷つけて、自分の首をしめているのを見ると、どう考えても承認欲求が強すぎてただ目立ちたくて政治家になったんだろうな~。


.

と思えて仕方ありません。



.

私も人のこと言えたもんじゃないんですけど、職責を全うしたいと思う所存でござります。

 

|

2018年8月10日 (金)

なぜ日本人は集団の圧力に弱いのか!

中日新聞の記事で、高校生の国際比較意識調査で、「自分は優秀だと思う」というアンケートに対して、「全くそうだ」 まあまあ」と答えた割合。

.

米国88%  中国67%  韓国47%  日本15%

.

「私は価値のある人間だと思う」というアンケートに対して、

.

米国89% 中国88% 韓国75% 日本36%

.

謙譲の美徳が自己評価の低さにつながっているにしても、日本低すぎ。

.

日本は集団の中の序列ばかりを気にする。

.

会社のランク付けや大学のランク付け、役職。

.

限られた場所での評価ばかりを気にするから、自己評価も低くなる。

.

親も世間の評価で自分の子供を評価しているので、子供の自己評価も低くなる。

.

だから集団から外れされたら日本人は弱い。

.

集団から外されることに必要以上に恐怖心を持つ。自分の生き方がないから集団の圧力に弱い。

.

世評とは、世評に無関心な人よりも世評を怖がっている人に対して暴虐である。byラッセル

 

.

|

2018年8月 3日 (金)

子供の頃、自分を隠していい子に演じていた。

正直な気持ちは言わない方が得だという学習が習慣になった。


..


そんな環境に長くいると、心の片隅に「未処理な感情」の巣ができることがある。



.

その「未処理な感情の巣」の実態を直視しておかないと人生にいたずらすることがある。



.

子供に対してついつい強く言い過ぎてしまうことがある。


.

子供に対して、自分の考えを強く押し付け支配的にになることがある。


.

子供を自分の承認欲求を満たすものとしてとして利用することがある。


.


子供は親の宝、期待することも多々ありますが、行き過ぎた期待をかけたり、悪気はないにしても子供を利用することもあります。



.

親の自分自身の未処理な気持ちと向き合う、自分と直視してみる。



.

40過ぎたら、そんな自分と向き合う時間を作ってみてもわるくはありません。

.

|

2018年7月27日 (金)

高木ブーが必要なんだよ

そういえば昔、筋肉少女帯というバンドが「オレは高木ブーだぁ~」というフレーズを繰り返し.唄っていた。

.

魂の叫び声のような歌い方が印象に残っています。

.


ドリフターズがすごいところは、高木ブーの存在かもしれません。

.


志村、加藤茶と面白い人がいて、いかりや長介がリーダーで嫌われ者。

.

仲本工事が普通の人。


.

そして窓際の高木ブー。


.

サラリーマン社会で言えば、仕事しない人。


.

ドリフターズはその仕事しないブーさんを否定しない。

.


ブーさんは何となくずっといた。

.

ブーさんで笑ったことはないけど、その分、加藤と志村が笑わしてくれた。


.

対比で笑いが増強していたのかもしれませんん。



.

そして徐々にブーさんの存在が大きくなってきた。


.

何もしないけどいないといけない人。


.

今日本社会は役に立ってなさそうな人を削除しようとしている雰囲気があります。.


.

孤独、閉塞感、息苦しい。


.

役に立たない。


.

努力もあまりできない。

.

でもいる。


.

なんとなくあったかい家族の雰囲気。



.

しかし、きれいごとばかり言うわけにはいかない。


.

のほほんと生きている人は好きだけど、自分を攻撃してくる人は嫌いだ。


.

自分の近辺には近寄らないで欲しい。


.

自分が被害を被ってまで、「そこにいていいよ」なんて言えるほど器は大きくない。



.

あくまでも高木ブーがいいのだ。

 

|

2018年7月11日 (水)

友達が苦しんでいるとき、なんて声かける?

「大丈夫だよ」

.

「君はよくやったよ」

.

「仕方なかったじゃないの」

.

「君のせいじゃないよ」

.

と励ましてあげるのではないでしょうか。


.

もし自分が苦しんでいるとしたら、同じように声かけてあげたらどうだろう。


.

少しだけ自分を許せる気持ちが持てるかな。


.

もし人生が苦しいのなら、せめて自分ぐらい自分の味方になってあげないと。

.

|

2018年7月 9日 (月)

この人を助けたい。

力になってあげたい。

.

そう思ったときは、自分自身が空回りしていることが多い。

.

自分って、それだけの影響力を持っている人?

.

それだけその人に尊敬されているの?

.

答えは、NO

.

それに、相手の人も力になって欲しいとは思っていないこともある。

.

「私のことは放っといて!」

.

「いや、放っとけないんだ」

.

余計なお世話。

.

ワタシに限って言えば、この人の力になってあげたいと思ったとき、力になったためしがない。

.

それより、肩の力を抜いた付き合いをしているときの方が上手くいっている。

.

本当にどうしたいかは本人が決めることなのかな。

.

力になってあげることはできないかもしれないけど、「何とかなってほしい」と願うことはできる。

.

そう思うようにしている。

|

より以前の記事一覧