カテゴリー「ジロー流生きるヒント」の478件の記事

2018年7月11日 (水)

友達が苦しんでいるとき、なんて声かける?

「大丈夫だよ」

.

「君はよくやったよ」

.

「仕方なかったじゃないの」

.

「君のせいじゃないよ」

.

と励ましてあげるのではないでしょうか。


.

もし自分が苦しんでいるとしたら、同じように声かけてあげたらどうだろう。


.

少しだけ自分を許せる気持ちが持てるかな。


.

もし人生が苦しいのなら、せめて自分ぐらい自分の味方になってあげないと。

.

|

2018年7月 9日 (月)

この人を助けたい。

力になってあげたい。

.

そう思ったときは、自分自身が空回りしていることが多い。

.

自分って、それだけの影響力を持っている人?

.

それだけその人に尊敬されているの?

.

答えは、NO

.

それに、相手の人も力になって欲しいとは思っていないこともある。

.

「私のことは放っといて!」

.

「いや、放っとけないんだ」

.

余計なお世話。

.

ワタシに限って言えば、この人の力になってあげたいと思ったとき、力になったためしがない。

.

それより、肩の力を抜いた付き合いをしているときの方が上手くいっている。

.

本当にどうしたいかは本人が決めることなのかな。

.

力になってあげることはできないかもしれないけど、「何とかなってほしい」と願うことはできる。

.

そう思うようにしている。

|

2018年6月21日 (木)

脳を芯から癒す本  高田明和著

若い人の悩みごと聴くのってけっこう楽しい。

.

とくに恋愛の悩みなんていい。

.

これが年寄りの悩み事になると90%が病気。

.

楽しい話ではない。()

.

10歳の長男は学校の話もよくするし、ときにはマンガの内容など1時間ぐらい平気でしてくる。

.

男子らしい。

.

ときに友達関係についてアドバイスを求めてくることもある。

.

参考になるような本を買ってあげたら夢中になって読んでいた。

 

.

子供の話は、なるべく聞いてあげるようにしています。

.

お客さんの話も聞きます。

 

.

ただ「聞きすぎない」ことも大事です。

.

悩みを喋りすぎていると自分が被害者だと思い過ぎたり、記憶を膨らましすぎて袋小路に陥ってしまったり、悩みごとを喋りすぎた自分に自己嫌悪を持つ人もいます。

.

悩みを喋って気が晴れるのと、悩み事を喋りすぎて疲れが出るのとは、紙一重かもしれません。

.

だから私は適当なところで自分が喋るし、いつのまにか自分がメインになってお喋りしてたり ・・・ (;^_^A

 

.

笑いに転じたりと、そのぐらいがちょうどいいと思っています。

|

2018年6月 7日 (木)

幸せとは、楽しめる能力

ウォーキングをする人でも、ただ健康のためにと義務的に歩いている人と

.

、友達と歩くのが楽しい、歩いていると花や生き物に触れ合えるので楽しい。とおっしゃられる方に分かれます。

.

食事でも、ただ健康のための義務的栄養学食事と、好きなおかずをバランスよく食べるのとでは、食事の楽しみも違ってきます。

.

著名な方が、編み物がボケ防止になると言ってからと言って、好きでもない編み物を毎日している人がいます。

 

.

指の運動がボケ防止にいいのなら、ピアノだっていいし、料理だっていいわけだし、何も好きじゃない編み物をやらなくてもいいじゃないのでしょうか?

.

私が思うに、子供の頃から将来「役に立つこと」や「結果」ばかりを求められる環境にいると、大人になってから「好きなこと」がなくなってくるような気がします。

 

.

好きなことに夢中になる感性が育っていないのです。

 

.

人は感情から年を取る」と言われます。

 

.

私も最近その意味がだんだん分かってきましたし、50歳近い私のまわりでも情緒がなくなってきているなと感じる人が増えてきています。

.

好きなことに夢中じゃなくて、暇つぶし的時間の過ごし方の割合が増えてきている。

.

それは気力と直結します。

.

エネルギーが湧いてこないのです。

 

.

私も人ごとではありません。だから自分の心に正直に生きようと思うのです。

 

.

仕事以外のこと、趣味の世界なら特に、興味を持ったらすぐに行動。

.

興味がないのならすぐにやめる。

.

それでいいような気がします。

|

2018年6月 1日 (金)

なぜあの人は気力があるのか!

年を取っていくことで一番イヤなのは気力がなくなることかもしれません。

.

60代で気力がある人を見ると尊敬します。

.

ただその気力がかえって迷惑な人も多いので微妙なんですけど。

.

自己顕示欲が少なくて気力がある人は、老何男女を問わず素敵ですね。

 

.

気力がある人を見ていると生活に遊びがあります。

.

たぶん若いころから楽しいこと探しが得意なんでしょう。

.

「気力は持って生まれたもの」が大きいとは思いますが、人を邪魔する気力になるか、人に好かれる気力になるかは後天的、本人の努力も大きいと思うのです。

 

.

人生を楽しむ。

 

.

頑張らずにガンバリましょう!

|

2018年5月21日 (月)

自分で決断しない癖に

愚痴を言い続けている人の話をよく聞くと、大事なことも「自分で選択、決断していない」ということがあります。

.

もちろん不可抗力的な事故などは別です。

.

自分ではどうしようもなかった不幸は本当につらいことです。

 

.

ただ、人に判断、選択してもらうクセがある人は、厄介な愚痴が多いような気がします。

 

.

身近な例でいうと、旅行先を決めさせといて、あとから愚痴を言う。

.

些細なことですが、一事が万事、だいたい人に決断させといて愚痴る癖があります。

.

もちろんそれには理由があります。

 

.

自分の精神的負担を減らすための無意識な戦略です。

.

自我を守るための防衛的性格として「決断しないこと」と「人のせいする」がセットになっているのです。

 

.

しかしそのような戦略はあまり長続きしません。

.

早晩行き詰ります。

 

.

「自分で決めたんだ」と思っていた方が、いい諦めもつくものです。

 

|

2018年5月15日 (火)

結婚するなら

若いときは、かっこよくて面白い人ほど異性に人気があるしょう。

.

ただ結婚するなら無口だけど思いやりがあって稼ぎがいい人の方がいいのかな?と思う人も多いでしょうう。

 

.

面白くて聞き上手で会話のキャッチボールができて、思いやりがあって、稼ぎもあって、そんな男性は滅多にいません。

.

結婚したらボロがでるのが普通です。()

.

では、カッコいいけど、性格キツーい人は?

.

彼氏ならまだいいけど結婚となると。。。

 

.

では自分のことばっかり話して、自己チューで、嫉妬深く、思いやりもない人は?

.

結婚生活たいへんです。

.

家にいるときぐらいほっとしたいところなのに、いがみ合ってごらんなさい。

.

いくらお金があってもストレスで病気になるか、ストレス発散で余分なお金がかかるか、子供に影響するか、いずれにせよ、たいへんですよ。

.

ちなみに私の男友達は奥さんが性格キツーイ人で寿命尽き果てそうといって苦労してますけど。(>_<)

.

無口でも会話下手でもうんとお金を稼げなくても、結婚するなら思いやりのある人の方がいい。とベテランの奥さま方が仰っていました。

.

ただそれって年取ってきてからわかるのよ。()

 

.

ワタシ?

 

.

面白いけど、稼ぎはいまいち。

.

思いやり、微妙。()

 

|

2018年5月 7日 (月)

若いとき、「死にたい」と一瞬思う

ぐらいあるとと思います。

死にたいと一瞬考えるのは、「生きる意味」を知りたい欲求でもあります。

何のために生きているのかがわからない。

だから死ぬような体験をして、生きている実感が欲しい。

と願うのです。

 

アメリカやアフリカ先住民の成人式では一人原野に狩りにでかける大人になるための儀式があります

現代では自殺行為と言われ、無謀の誹りを受ける行為ですが、そりゃ高いところから飛び降りたり、獣と一人対決するのですから生きるか死ぬか必死です。

さに生きている実感、大人になるための通過儀礼、自信になる体験です。

現代でしたら「自分探し旅」として海外に一人で出かける。

などの非日常的体験です。

それを就職に不利になるからとか世間体などで大人が縛っていくと、先々精神的に行き詰まるようにな気がします。

若者の「死にたい」は「生きたい」の裏返し言葉。

「好きなことやっておいで」と送り出してあげたいですね。

|

2018年5月 2日 (水)

嫉妬の苦しみ

子供同士の親の付き合いで聞いたことですが、自分同士の些細な勝ち負けに嫉妬し、お友達の勝利に対して親が妬みだして、親同士の人間関係が崩れていったのです。

.

ちょっと大人げないというか、、、

 

.

しかしよ~くある話です。

.

自慢して必要以上に相手を刺激するのもどうかと思いますが、嫉妬し過ぎるのも考えものです。

.

たしかにあからさまな自慢をされたら内心ムッとする気持ちはありますが、そこは大人の対応をしたい。

.

自慢が強い人も嫉妬が強い人も、人との比較でしか自己肯定ができないのです。

.

比較ばかりしている人の心の中は穏やかではありません。

.

思考回路が、先ず誰かか、世間。それに対しての比較。

.

自分の気持ちというものがない。

.

子供の気持ちも考えない。

.

だから戦闘態勢の気持ちが先立って感謝の気持ちが隠れるのです。

.

過ぎた嫉妬心は身近な人間関係を壊し、心の中の幸せが遠ざかっていきます。

.

若いときから「自分を省みる」訓練はした方がいいのかもしれません。

|

2018年4月27日 (金)

ボクは好奇心のかたまり

思い出すのが中学生の頃兄にすすめられて読んだエッセイ、遠藤周作氏の「ボクは好奇心のかたまり」。

.

活字を読んで笑ったのは初めてで、それから本を読むようになったような気がします。

.

私の中で「好奇心」が生きる気力になるキーポイント。

.

齢を重ねる毎に自分の中から好奇心が薄れていく。

.

それと同時に気力が減少してきている。

.

それが仕方なくもありコワくも感じるのです。

.

例えば、私は旅行が好きだったのですが、それは行く先々でこの土地に暮らしたらどうなんだろう?

.

ここは自分の終の棲家となるだろうか?

 

.

なんて空想の世界を楽しんだり、海外の路地裏なんて散策するのが好きで観光地よりもむしろ路地裏巡りをしていました。

 

.

キャンプに行っても知らない土地に行くのが好きで、一泊しては移動を繰り返すような慌ただしいキャンプでしたが、近年では子供連れで荷物が増えたこともあり、毎年同じところに滞在型のキャンプ。

.

旅行もめっきりいかなくなりました。

 

.

DVDを借りに行っても、1本は依然見たことのあるおもしろかったDVDを借ります。

.

初めてみる映画が外れた時のために保険をかけとくのです。

.

本もめっきり読まなくなりました。

.

人との会話も少なくなってきています。

.

世のおじさん達ってこんな感じな人が多いかな。()

.

ただ私は5歳の娘もおり、まだまだ気力をなくすわけにはいきません。

.

先日、ユニバーサルスタジオに家族と行ってきました。

.

妻は私は来ないのではないのかと、来てもつまらなさそうにするのではないかと思っていたらしいのですが、「とにかく楽しもう」と決心をし、朝一番に息子に付き合って絶叫ジェットコースターに乗ってきました。

.

心臓発作で死ぬんじゃないかと思うぐらいコワかったけど、20代にニュージーランドで100メートルを超えるつり橋の上から足だけゴムで縛ったバンジージャンプで飛んだこともあるんだから、「ジェットコースターなめんなよ」!!

.

好奇心とジェットコースターのつながりがいまいちでしたが、年を取ってきたら意識的的に新しいことにどんどんチャレンジする気持ちは持っていた方がいいかも。

 

|

より以前の記事一覧