カテゴリー「脳・心の話」の131件の記事

2018年11月20日 (火)

精神統一して真剣に「祈る」と前頭前野が活発

になり、集中力が増し、脳が研ぎ澄まされ、冷静になれると脳科学でも証明されています。


.

座線を組む、滝に打たれる、経を唱える、などなど、日ごろから行っている僧侶の平均寿命も長いと言われます。


.

私たち一般人も仏壇や神社仏閣で手を合わせると何となく心が落ち着いてくる感じがしますよね。

.


信仰は別にして、「祈る」行為は人の心を落ち着かせる効用があるようです。

 

|

2018年11月13日 (火)

無意識の自動思考

良くも悪くも「無意識にやってしまった」ということがあると思います。

.

「無意識」と言えば精神学フロイト。

.

現代では、この無意識のことを「自動思考」とも言うそうです。

.

言わなくてもいいことを無意識に言ってしまって人を傷つけてしまう。

.

つい自分を大きく見せようとしてしまう。

.

だれでもあることです。

.

それが幼児期から無意識に作られてきた「自動思考」。

.

習慣みたいなものです。

.

治さなくても良い自動思考ならいいのですが、対人関係に常に難ありの人は、自分の自動思

考を見直してもいいのかもしれません。

.

自分を省みることは失敗の減少にもなります。

.

ただ、自分が常に正しいと考えている人は、何度同じ失敗をしても相手が悪いと考えます。

.

これもある種の精神の自己防衛反応。

.

ある意味で力強い自動思考なのかもしれません。

.

(>_<)

|

2018年10月19日 (金)

うつ気分を笑いの良薬で予防

今の時代、ウツ気分にならないで生きていける人は幸せだと思います。

.

多くの人は身体の病気や痛みより、鬱の方がツライと言います。

.

自我が苦しむということは、自分の存在自体を否定しかねません

.

まさに生きるか死ぬか。

.

苦しいのは当たり前です。

.

うつ病になってしまったら日本では薬物療法がメインの治療となります。

.

ここでは、なるべくウツ気分にならないようにするために心理学としての予防を紹介したいと思います。

.

「昇華」 

.

自分の劣等感や欠点、コンプレックスをいかにプラスとして転換できるかが重要です。

.

つまり葛藤をバネにして良い方向へ頑張るのです。

.

マイナス面で苦しんでいるとしたら薬物療法をしたって苦しみは消えませんから、考え方を変えていくチャレンジが必要です。

.

「利他主義」 

.

周りの人の役に立っていると思うだけでも自分の存在を肯定でき、生きる自信となっていきます。

.

ボランティア活動は自分のためになるということです。

.

親なら子供のためと思えばやる気も出てくるでしょ。

.

しかし行き過ぎには注意しないと親切や愛情が自分の利益の押し付けとなってしまう可能性があります。

.

「想定」 

.

悪いことが起きてしまっても対処できるように初めから想定して対策を練っておくということです。悲観的思考とはちがいます。

.


「抑制」「禁欲」

.

 災いの多くは過度な欲求や欲望からということがあります。

.

欲望はエネルギーにもなりますが、過ぎると心を乱す二律背反な面もあります。

.

修行者が禁欲生活を送るのは心を平穏にするための方法でもあります。

.

凡人は何事もほどほどがよろしいかと。

.

以上が心理学からうつ気分を予防する自己防衛機制方法ですが、しかしすぐにこのような考え方にはなかなかなれないと思います。 (私はなっていませ) (笑)

.

.

もう一つ大切なことは、ユーモアです。

.

笑いほど良薬はございません。

.

これなら意識的に心がけています。

 

.

|

2018年7月 5日 (木)

妊娠期のストレスが子供に影響

ネコも犬も、妊娠期のストレスや栄養不足で、子供が極端に臆病に子になったり、不安神経症的な子になることが多いそうです。

.

ラットの実験では、学習能力の低い子や感情の不安定な子を生み出すことが明らかにされています。

.

要因として母体内で分泌されるコルチゾールなどのストレスホルモンとセロトニンの分泌量の低下の影響を受けているとも言われています。

.

戦争などの影響は大きいようです。

.

昔、「母親の育て方がわるい!」と妻のせいのしている夫がいたでしょ。

.

あれって、妊娠時から夫が妻にストレスを与え過ぎていたことが影響していたんじゃないですかね。

.

私など、

.

「人生上手くいかないのワタシのせいじゃないも~ん」と開き直って楽しく生きる方を選んでいますけど。

.

妊娠期のストレスだけが性格や頭脳に影響しているわけではないし、生まれてきたものはしょうがないし。

.
ただ親に言い返す材料にはなるかね。()

|

2018年5月28日 (月)

喋り過ぎは、お乳を吸う象徴

とも言います。

.

もっとお乳を吸わせて!といった母親への愛情欲求。

.

その隠れた潜在意識が喋りすぎにつながっているのです。

 

.

お喋りと喋りすぎは似ているようでちょっと違います。

.

お喋りは友達同士での盛り上がる会話。

.

お互いの欲求を満たしています。

 

.

喋りすぎは、場違いでの一方的なトーク。

.

その場にふさわしくないことや相手が聞きたがっていないのに喋り続けることです。

 

.

口は噛むという攻撃性の面を持っています。

.

「だれかに噛みつく」のような言い回しもあれば、「口は禍の元」といって誰かに噛みついたあとに、因果応報的なことが起こることもありますl。

.

一言余計なことを言って後悔したことありません?

.

わたしたくさんあります。(>_<)

.

それこそ口は禍の元です。

.

自分が喋りすぎていると思うのなら、自分の心理状態を一度点検してみてはいかがでしょうか。

 

|

2018年2月16日 (金)

悲しいときは悲しい歌

気分が落ち込んでいるときや悲しい気分のとき、悲しい歌を聴いていた方が落ち込んだ気分が和らいだ経験があります。

.

ドイツの研究結果によると、もの悲しい曲を聴くと、人は郷愁、平和などを想起し、落ち込んだ気分を改善させる効果があるそうです。

.

悲しい気分を悲しい歌と分け合う引き算的感情で心が癒されるのです。

.

美空ひばりの「悲しい酒」 

.

河島英五の「酒と泪と男と女」

.

吉幾三の「酒よ」

 

.

少々古い歌ですが、何となく気持ちが穏やかになります。

.

ちょっと酒絡みの歌が多いのが気になりますが()

|

2017年12月13日 (水)

放置ラットと愛育ラット

親から放置されて育てられたラットは、自分の子供が生まれても世話をしないそうです。

自分の親ではなくてもいいので、世話を受けたり、舐めて愛撫されて育てられた愛育ラットは、自分が親になったとき、子供の世話をよくするそうです。

また放置ラットは、ストレスホルモンの受容体が少なく、ストレスに対して弱い反応を示すのですが、愛育ラットはストレスやショックに強いと実験データでも出ています。

 

これは幼児期の皮膚接触がいかに大切かということを示す動物実験なのですが、同じ哺乳類の人間にも少なからず当てはまるようです。

 

もし不幸にも育児放棄された環境で育てられたのなら、それはそれで過去のこと。

恋人や夫婦でスキンシップたくさんすればいいのです。

 

好きな人と手をつなぐだけで満たされた気持ちになれるでしょ。(^-^)

 

 

私には恋人がいない!

 

例えば、ジロー整体の施術を受けるだけでも、癒される人は癒されると思います。(^-^)

そしておもしろいことに、施術者の私自身も幸せ気分になっています。

 

いろいろな癒し療法がありますが、私は触り触られるのがダントツ心の癒しにもなるとおもっています。

 

接客業は顔を癒しなさい 2014.06.04

触り触られ心は満足 2012.03.12

  • |

    2017年12月 6日 (水)

    パニック症状は治すよりコントロールする気持ちが大切

    私自身も以前自律神経のバランスを崩したことがあり、パニックの症状のつらさを少しは理解できているつもりです。

     

    これは私の考え方なのですが、一度病気になったら完璧に元通りに治るとはあまり思わない方がいいと思うのです。

     

    自律神経も一度機能低下を起こした経験があるのなら、再度機能低下を起こしやすい。

     

    うつ病も一度なったら再発率が高いといいます。

     

    パニック症状は自律神経が急激に乱れる強烈な脳の機能不全です。

    脳に記憶されて当然です。

     

    その記憶は感情にも影響し、敏感に不安を感じ取るようになります。

    それが予期不安、強不安感とつながるのです。

     

    「治したい」と強く思う気持ちはわかります。

    しかしそこであえて言えば、「治る」と思わず、「症状のコントロール」を目指すべきなのではないかと思うのです。

    症状が出そうになるけど、何とか回避できた。

    症状が軽く済むようにやり過ごすことができた。

     

    まだ治らない」で苦しむより、「何とかなっている」の方が、精神的にも余裕ができると思うのです。

    考え方ひとつでストレスも半減することもあるのではないでしょうか。

      

    関連記事

        ↓

    不安・パニック障害の左の首の歪みと左骨盤との関連性

    首の骨がズレると脳の血流が低下。だから自律神経が乱れる 

    パニック障害と首の硬直 

    首の歪みから自律神経失調症

    心理的緊張から身体的緊張の慢性化

    |

    2017年9月11日 (月)

    トラウマが現在の人間関係に悪影響を起こしている

    トラウマを抱えていると自分にとって親しい人との人間関係に問題を起こしがちです。

    仕事や公共の場での社会的な人間関係だと、自分をコントロールしながら理性的に

     お付き合いできても、家に帰ってホッとして気を緩ませたときその疲れがドッと出て、身近

    な人に八つ当たり的な言葉となるのです。

    これが人格障害的な人となると、誰に対しても八つ当たり的な牙を向けてきてす。

    トラウマがある人は、自分を守るために過剰な反応を示すことがあります。

    アドレナリンの過剰放出を繰り返すことで、精神を安定させるセロトニンが減少していることが多いそうです。

    トラウマがあると自覚があるならば定期的なメンテナンスをした方が良いと思います。

    自分をコントロールするには、発散と沈静が必要です。

     

    発散はスポーツやカラオケ、友達との会話。

     

    沈静は、一人で行うならヨガや座禅、瞑想、哲学。

    マッサージやエステ、カウンセリングなどもおすすめです。

     

    ちょっとした愚痴でもいいから人に話を聴いてもらうと少し気が楽になります。

    関連記事

      ↓

    わざわざ過去の嫌な記憶を思い出して怒ったりしません?

    人間関係が崩れる潜在意識にある攻撃性

    抑圧した感情の蓋を開けてもいいのか 2012.09.28

  • トラウマ治療のヒント 2012.09.20
  • 個人の性格によって心理療法 2012.09.11
  • 心の回復はまず癒しから 2012.09.05
  • トラウマセラピーについて考える 2012.08.28
  • |

    2017年9月 8日 (金)

    わざわざ過去の嫌な記憶を思い出して怒ったりしません?

    怒って、興奮して、疲れて、暗い気持ちなる。

     

    その嫌な記憶の内容も、相手がいかに悪いかと、自分を正当化するために少し脚色もする。

     

    自分が怒るのも無理はない、だれでも怒るはずだと。

     

    本当の一番の怒りは、自分の味方にならなかった過去の自分を、今の自分が許せないのかも知れません。

    ひょっとしたら、怒る理由を探していただけかもしれません。

    よくわからないがとにかく今は怒っていたい。

    怒ることで憂鬱な気持ちをなくしたい。

    そのために怒りによって興奮。

     

    疲れた時にチョコレートが効くように、怒りは自分を奮い立たせる感情の道具とも言えます。

    すべて「ウツよりはマシ」。

    はじめから怒ることが前提で、その理由は後付けで何でもいいのだ。

    脳科学でも、無意識の決定が先で、それが意識に上ってきているという説もあります。

    そう考えてみると、自分のわけのわからぬ感情も納得できることもあるのではないでしょうか?

    |

    より以前の記事一覧